音楽事業のニーズ

サウンドタイムでは現在モニターを募集しております。

現段階で5名の方から申し込みがありました。
募集方法は既存のバンドメンバーマッチングサイト(OUR SOUNDS、with9など)に募集の記事を掲載しています。

ホームページからの問い合わせも2件ありました。

こうやって問い合わせが集まってくると、「この事業にニーズが有る!」という確証が得られますね。

もちろん、事業を始める前から「ニーズは絶対大きい」と思っていましたが、いざ実際に問い合わせがあるとより確信に近づきます。

私の友達にも事業の話をすると興味を持ってくれる人が多いです。
実際に1名メンバーに加わりました(笑)

気軽にセッションできる場所のニーズは大きいですね。

 

ただ、どうやってそのニーズを持った人にアピールするかが課題です。

特に、音楽活動を休止している人や、楽器を始めたくても踏み切れない人などは接点を作りにくいかもしれませんね。

まず今はできることをコツコツとやっていきたいと思います。
こうやってブログを書くことはもちろん、ツイッターも日々更新してますのでぜひ見てください!

 

これからはリアルでの動きも重要になってくると考えています。

ミュージシャンが行きそうなところ、例えばスタジオや楽器屋、カラオケなんかもいいですね。
そういうところでポスターやパンフレットを設置したいと思っています。

もちろん今はネット社会です。
いろんな情報がネットで得られる時代ですが、ポスターやパンフレット等の媒体も重要だと思います。

サウンドタイムはユーザーからするとネット事業に見えるかもしれませんが、ネット事業で重要なのはリアルでの活動だと思います。
少しでも早く全国のみなさんに気軽にセッションできる場を提供したいです!
これからもがんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。