音楽サークル事業「Sound Time」について

こんにちは。 取締役副社長(予定)の神 竜司です。

今日は私が中心になり展開する事業、「Sound Time」について紹介したいと思います。

Sound Timeを一言でいうと「音楽サークル」です。
楽器を演奏できる人が数人集まってセッションをするのですが、一般的なバンドとは違い毎回違う人とセッションすることになります。

一般的にバンドというと固定メンバーでライブでの演奏や、レコーディングに向けて活動しています。
音楽サークルもライブイベントに向けて練習するという団体もあります。

しかし、Sound Timeはそうではなく、「気軽に集まってセッションする」ことが目的です。

頑張って練習してうまくなることではなく、集まって楽しく音楽を演奏することをモットーにしております。

Sound Time以外にも音楽サークルはたくさんあるのですが、Sound Timeは一番敷居の低いサークルを目指しています。
ライブでの演奏は一切想定せず、集まったメンバーで演奏を楽しむというサークルです。

また、システム化されたサークル運営で全国展開を目指しています。

多くの音楽サークルは主催者の趣味の延長であることが多く、地元で20〜30人程度という規模のものが多い状況です。

Sound Timeはホームページ上でセッション会へのエントリー、料金の支払いが完結するシステムを作ります。
それにより効率的にサークル運営ができるようになり、全国展開が可能になります。

日本中でSound Timeのセッション会が開催されることを目標にしています。

と壮大なスケールを書きましたが、当面は滋賀〜関西地域から始めていこうと思っております。

もう少し詳しい事業内容は書いていきますので、ご覧になってください。

興味のある方はぜひSound Timeにご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。